投資情報のコツ 分散投資

Pocket

分散投資は、株式投資でもよく言われますが、これは1つの会社に集中投資するよりも、様々なタイプの会社に少しずつ分けて投資した方がポートフォリオが安定し、安定的な収益を見込むことができるという考え方です。

分散投資と反対の意味の言葉が、「集中投資」です。

集中投資は、1つの会社に一極集中投資するという考え方です。

集中投資をすると、投資した会社の株価が大きく上昇すれば大きなリターンを得ることができますが、反対に、思惑がはずれた場合は大きな損失が発生するリスクがあります。

これを、通貨で考えると、「分散投資」が様々な国の通貨を保有することを意味し、「一極集中投資」が日本円のみで資産を保有することを意味します。

両者を比較すると、どちらが安定的と言えるかは一目瞭然です。当然、分散投資、つまり様々な国の通貨を保有することが安定的であると言えます。

これまで、日本人が「日本円建て資産の一点集中投資」でうまくいってきたのは、「たまたま」長期的に円高トレンドが続いてきたからです。

「たまたま」日本円の価値が上がるだろうという思惑が「当たった」にすぎないのです。

今後、もし思惑がはずれて、日本円の価値が下落し続けることになったら、当然、一極集中投資が原因で、大きな損失が発生するのです。

このように、「通貨分散投資」により自分の資産のポートフォリオを安定させるという観点からも、日本円以外の通貨を保有するメリットは大きいと考えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る