投資情報のコツ 「要人発言」の取り扱い方を学ぶ

Pocket

よく、ニュースでは要人の発言が取りざたされる。たとえば為替市場であれば、アメリカのFRB長官、欧州のECB関係者、オーストラリアのRBA関係者、ニュージーランドのRBNZ関係者、日本の財務大臣や日銀総裁のような人物が、市場に対して何かしらの考えや意見、意向などを発表すると、相場にインパクトを与える。

もちろん、インパクトは金融商品だけにはとどまらない。各業界のビジネスマンはその発言を元に、自分たちのビジネス周りに将来巻き起こるであろう変化を予測しようと試みるはずだ。

しかし、ここに「ニュースの落とし穴」は存在する。

要人発言のニュースそれだけでは、ただの「点」と考えた方がいい。それを「線」にするには、その人物の発言を「複数・時系列」で確認する必要がある。要人も人間だ。発言には、その人のキャラが色濃く出る。例えばOPECのハティビ理事はビッグマウスとして市場に認識されており、氏が大げさなことを言っても、その通りに市場に受け入れられることはまずない。仮に、市場にインパクトを与え、価格が変動したとしても、のちのち市場参加者が冷静さを取り戻すと、価格は元に戻る。こういう一連の流れは、氏の発言の実績を知らないと分からない。

市場関係者の発言は、政治家のそれのように、言いたいことを包み隠している場合が多い。たとえば、米国が不景気時、国家の目標が「インフレ対策」に向いていたとしても、バーナンキ議長が「インフレ対策が不可欠だと思っています」などとはっきり発言することはほとんどないと考えていい。つまり、逆に言うと、バーナンキ氏がはっきりと物事を言った時には、「これは何かが起こる!」と事前に準備をすることができる。

要人発言ニュースから真実を抽出するポイントとしては、「その要人のキャラ」を認識し、「その発言が、市場にとって驚くべきものか」という意外性を模索することにある。相場においては、要人発言にまったくの意外性がない場合、発言の内容としては買い材料なのに、売られてしまうという「逆行現象」すらしばしば起こる。

よく、ニュースでは要人の発言が取りざたされる。たとえば為替市場であれば、アメリカのFRB長官、欧州のECB関係者、オーストラリアのRBA関係者、ニュージーランドのRBNZ関係者、日本の財務大臣や日銀総裁のような人物が、市場に対して何かしらの考えや意見、意向などを発表すると、相場にインパクトを与える。

しかし、ここに「ニュースの落とし穴」は存在する。

要人発言の内容それだけを推し量ってはいけない。コツは、その人物の発言を「複数・時系列」で確認することである。要人も人間なので、発言には、その人のキャラが色濃く出るものである。例えばOPECのハティビ理事はビッグマウスとして市場に認識されており、氏が大げさなことを言っても、その通りに市場に受け入れられることはまずない。仮に、市場にインパクトを与え、価格が変動したとしても、のちのち市場参加者が冷静さを取り戻すと、価格は元に戻る。こういう一連の流れは、氏の発言の実績を知らないと分からない。

市場関係者の発言は、政治家のそれのように、言いたいことを包み隠している場合が多い。たとえば、米国が不景気時、国家の目標が「インフレ対策」に向いていたとしても、バーナンキ議長が「インフレ対策が不可欠だと思っています」などとはっきり発言することはほとんどないと考えていい。つまり、逆に言うと、バーナンキ氏がはっきりと物事を言った時には、「これは何かが起こる!」と事前に準備をすることができる。

要人発言ニュースから真実を抽出するポイントとしては、「その要人のキャラ」を認識し、「その発言が、市場にとって驚くべきものか」という意外性を模索することにある。相場においては、要人発言にまったくの意外性がない場合、発言の内容としては買い材料なのに、売られてしまうという「逆行現象」すらしばしば起こる。

要人のキャラクターを選別し、推し量ることに命を注ぐ人物がいた。ある住友商事のアナリストに相場動向をうかがった時、「要人のキャラなら任せてくださいよ」という話が偶然出たのである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る