ESOP及び役員向けストックオプション導入済み日本企業リスト

Pocket

JPX400 に選出されている上場企業の中で、①株式給付型ESOP 、②持株会型ESOP 及び③役員向けストックオプション導入済み日本企業リストを確認した。株式給付型ESOP導入済み企業としては、株式会社は長谷工コーポレーション、大東建託株式会社、株式会社協和エクシオなどが挙げられる。役員向けストックオプション導入済み企業としては、株式会社長谷工コーポレーション、戸田建設株式会社、パーソルホールディングス株式会社などが挙げられる。

 

近年、企業業績が好調であることや株高が相まって、ESOP及び役員向けストックオプション導入済み企業が増加したと考えられる。また、ESOP導入の理由として、従来の株価を意識した労働意欲の向上だけでなく、優秀な人材の確保を挙げている企業も見られた。今後、人材獲得競争が激化していく中で、ESOPの導入は、企業の差別化要素となり得る。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る