カテゴリー:IT・メディア

  • デジタルサイネージ市場

    デジタルサイネージ市場は右肩上がりに成長しており、2025年には3,700億円を超える規模となることが予想されている。市場全体としては成長が予想されているが、配信非対応のディスプレーは今後市場が縮小していくものと見られて…
  • 次世代ヘルスケアサービス市場

    市場概観 国民の生活の質を向上させるととともに、医療・介護費用の増大を抑制することを目指し、病気になる前から、「一次予防」や「二次予防」を通じて健康を維持すること、また治療の段階においても、個人の特性に合わせて最適化さ…
  • 医療IT

    市場概観 日本のEMR(Electronic Medical Record)/EHR(Electronic Health Record)市場規模は世界3位であるが、医療機関におけるEMR導入率は29%にとどまっており、…
  • フィンテック

    市場概観 日本は世界第2位の規模を誇る金融大国である。しかし、これまで国内大手金融機関のIT投資はバックオフイス系に偏ってきた。そのため、フロントサイドのイノベーションであるフィンテック企業の勃興は、アジアの中でもむし…
  • ウェアラブルデバイス

    ウェアラブルデバイスとは 「身に着けることができるコンピュータ」で、「ネットワークに接続できる機器(スマートフォンなど他の通信機器と連携するものも含む)」をウェアラブルデバイスと定義する。主なものとしては、時計型、リス…
  • 自動車におけるIoT活用

    自動車で活用されるIoTシステム 動車で活用されるIoTは、外部ネットワークとの接続により運転の安全性・利便性の向上を達成する。日本のコネクテッドカー市場は、今後10年間の急成長が見込まれている。 I…
  • 人工知能

    世界の人工知能市場は2016年から2030年の間での年平均成長率は36.1%と予想されており、また日本では、2015年から2030年の間での年平均成長率は23.4%と予想され,世界市場、日本市場ともに今後も成長が見込まれ…
  • IoT市場

    IoT(Internet of Things/モノのインターネット)とは、通信機器以外のモノをインターネットに接続し、データの収集や制御を行う技術及び同技術の導入等に関連するサービスの事である。世界のIoT市場の規模は2…
  • スマートロボット

    IoTやAI技術を活用することで高度化されたロボットをスマートロボットと呼ぶが、製造現場での溶接や塗装、組立、搬送等を担う産業用ロボットと、モビリティや医療・介護・福祉・健康管理、セキュリティ、清掃、インフラなどに利用さ…
  • VR/AR(産業用ソリューション)

    VR/ARの市場は世界のVR/AR市場規模は、2016年時点は7,320億円で、2020年には17兆1,960億円に、日本のVR/AR市場規模は、2016年時点は141億円で、2020年には2,111億円にと、世界でも日…

フリーランス特集

  1. 2020-2-14

    FXをやるなら、通貨の種類と特徴を知っておこう

    FX取引をやっている人、これからやろうとしている人にとって、それぞれの通過の特徴をしっておくこと…
  2. 2020-2-14

    需給要因

  3. 2020-2-13

    16FXテクニカル分析の活用~基本的なテクニカル分析その2~

    移動平均線   次は移動平均線です。ドル/円でもユーロ/円でもその他のど…

少額投資・マネースキル向上特集

  1. 2020-2-14

    FXをやるなら、通貨の種類と特徴を知っておこう

    FX取引をやっている人、これからやろうとしている人にとって、それぞれの通過の特徴をしっておくこと…
  2. 2020-2-14

    需給要因

  3. 2020-2-13

    16FXテクニカル分析の活用~基本的なテクニカル分析その2~

    移動平均線   次は移動平均線です。ドル/円でもユーロ/円でもその他のど…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る