カテゴリー:自動車・機械

  • カーシェアリング市場

    日本におけるカーシェアリング車両台数と会員数は近年、急激に拡大しており、車両台数は25,000を超え、会員数は1,200,000を超える。これを踏まえた上で、日本におけるカーシェアリング市場は、2015年以降、200億円…
  • 工作機械市場

    市場概観 日本は工作機械の生産量で見ると、2013年は世界3位で14%のシェアを持っており、2009年の不況以降の回復も世界平均と比べて好調である。国内市場を見ると、直近の2014年は2009年の不況前までの水準には戻…
  • 産業車両(フォークリフト)

    市場概観 世界のフォークリフト市場は、2009年の不況以降、アジアを始めとする新興国市場の牽引により成長してきた。日本市場は世界シェア7%の規模を持ち、不況前からの完全回復とはならないが緩やかな成長を続けていた。近年の…
  • 自動車試験機器

    市場概観 世界の自動車市場において、日本は生産国ベースで世界三位であり、さらにメーカーの国籍で見ると、日系メーカーは世界で一番の販売量を誇っている。日系自動車メーカーによる海外市場向け自動車生産は飛躍的に上昇。特に、リ…
  • 自動車先端技術部品

    市場概観 世界の自動車市場におい、日本は生産国ベースで世界三位であり、さらにメーカーの国籍で見ると、日系メーカーは世界で一番の販売量を誇っている。国・地域により需要は様々であるが、先端技術を搭載した自動車の需要が高まっ…
  • 自動車部品(モジュール対象部品)

    市場概観 世界で見ると日本は生産国ベースで世界三位であり、さらにメーカーの国籍で見ると、日系メーカーは世界で一番の販売量を誇っている。日系自動車メーカーの海外生産台数が大幅に伸びており、海外でのコスト競争力強化のため、…
  • 航空機部品市場

    市場概観 日本の航空機産業は、軍需を主体として国策により発展してきたが、近年の防衛予算が縮減されている中、ボーイング787等の開発に関する海外企業の下請が増加していることにより、民需が拡大し防需を逆転している。また、三…
  • 診断系医療機器

    市場概観 日本の医療機器市場は世界2位であり、今後も安定的に推移することが想定される。また、日本の画像診断機器市場は国別で世界2位であり、世界の主要プレイヤーに日系企業が複数名を連ねる等、世界的に存在感を示している日本…
  • 医療用機器(処理用機器)

    市場概観 日本の医療機器市場は世界2位であり、今後も安定的に推移していくものと予測される。日本政府は医療分野を成長産業の一つと位置付け、技術及びサービスの創出、それらを支える基盤の整備を戦略として掲げており、実現に向け…
  • 医療機器(生体機能補助・代行機器)

    市場概観 日本の医療機器市場は世界2位であり、今後も安定的に推移していくものと予測される。日本政府は医療分野を成長産業の一つと位置付け、技術及びサービスの創出、それらを支える基盤の整備を戦略として掲げており、実現に向け…

フリーランス特集

  1. 2020-2-14

    FXをやるなら、通貨の種類と特徴を知っておこう

    FX取引をやっている人、これからやろうとしている人にとって、それぞれの通過の特徴をしっておくこと…
  2. 2020-2-14

    需給要因

  3. 2020-2-13

    16FXテクニカル分析の活用~基本的なテクニカル分析その2~

    移動平均線   次は移動平均線です。ドル/円でもユーロ/円でもその他のど…

少額投資・マネースキル向上特集

  1. 2020-2-14

    FXをやるなら、通貨の種類と特徴を知っておこう

    FX取引をやっている人、これからやろうとしている人にとって、それぞれの通過の特徴をしっておくこと…
  2. 2020-2-14

    需給要因

  3. 2020-2-13

    16FXテクニカル分析の活用~基本的なテクニカル分析その2~

    移動平均線   次は移動平均線です。ドル/円でもユーロ/円でもその他のど…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る