カテゴリー:エネルギー・資源

  • 水道市場

    市場概観 日本では、水道普及率は97%、有収率も90%を超えていることから、漏水が少なく高質な設備で、ほぼ全ての人々に水が供給されている。現在、人口(給水人口)の減少や水道事業に関わる地方公営企業の熟練技術者の退職によ…
  • 海洋エネルギー

    市場概観 日本の海洋エネルギー発電は研究開発・実証研究の段階であり、商業市場はまだ成立していない。海洋エネルギー発電の日本の導入目標は世界でも上位に位置し、2020年以降導入の大幅な成長が見込まれている。  …
  • 化石エネルギー資源

    市場概観 化石エネルギー消費量を見てみると、日本は石油、石炭、天然ガス、全てにおいて世界5位以内ではあるが、他の上位国と比べると圧倒的に生産量が少なく、輸入依存型であるのが大きな特徴となっている。日本のエネルギー市場を…
  • 水素ステーション

    市場概観 燃料電池自動車(FCV)および水素ステーション(水素ST) 市場は世界的にまだ黎明期ではあるが、主に日本と欧州を中心に成長していくと期待されている。日本は2015年のFCV商用化を目標に官民挙げて市場の形成に…
  • 燃料電池

    市場概観 燃料電池市場は世界的にまだ黎明期であるが、日本はその中でも独自の分野で大きく発展しており、将来的にも世界シェア20~30%前後で推移するものと予測されている。用途別にみると、日本は家庭用、自動車用の分野で世界…
  • バイオマス発電

    市場概観 日本の1年あたりのバイオマス発電量は約17TWhであり、世界5位の規模である。日本政府は、バイオマス発電の導入目標を、2030年に現在の2倍である32.8TWhと定めており、バイオマス発電導入量拡大のための政…
  • 電力自由化

    市場概観 日本の電力消費量は全世界の5%を占め、面積あたりで見ると主要国の中では2番目の大きさとなっており、日本は世界有数の消費密集地域であると言える。日本の近年のトレンドとして「発電構成の変化」、「電力の自由化」、「…
  • 洋上風力発電

    市場概観 日本の洋上風力発電市場は、新興の洋上風力市場の中でも大きく成長しており3年で約2倍の市場規模となっている。2020年以降大幅な成長が見込まれており、先行者利益を得るためには、今が参入のチャンスである。現在稼働…
  • 太陽光発電

    市場概観 日本の太陽光発電市場は世界第4位で、2030年に向けて102GWの導入が見込まれている。コストに対する厳しい評価、発電事業への参入障壁低下、技術革新による市場拡大は、外資系企業にとって日本市場参入の追い風であ…
  • 蓄電池市場

    市場概観 世界では、車載用、電力貯蔵用、系統安定用の市場が、2025年まで年平均成長率14~26%で推移すると予測されている。これらの市場では日本のシェアも10~14%となる見込みである。系統安定用と電力貯蔵用の市場成…

フリーランス特集

  1. 2020-2-14

    FXをやるなら、通貨の種類と特徴を知っておこう

    FX取引をやっている人、これからやろうとしている人にとって、それぞれの通過の特徴をしっておくこと…
  2. 2020-2-14

    需給要因

  3. 2020-2-13

    16FXテクニカル分析の活用~基本的なテクニカル分析その2~

    移動平均線   次は移動平均線です。ドル/円でもユーロ/円でもその他のど…

少額投資・マネースキル向上特集

  1. 2020-2-14

    FXをやるなら、通貨の種類と特徴を知っておこう

    FX取引をやっている人、これからやろうとしている人にとって、それぞれの通過の特徴をしっておくこと…
  2. 2020-2-14

    需給要因

  3. 2020-2-13

    16FXテクニカル分析の活用~基本的なテクニカル分析その2~

    移動平均線   次は移動平均線です。ドル/円でもユーロ/円でもその他のど…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る