3PLの活用(BtoB物流)

Pocket

市場概観

国内経済の飽和および物流効率の上昇により日本の貨物輸送量は近年微減傾向にあるが、逆にそのことがメーカーや小売事業者が自社で抱えていた物流機能のアウトソーシングを促し、3PL市場は大きく勃興することとなった。メーカーが今まで子会社にさせていた物流業務のアウトソーシングが浸透した。特に効率化のため複数メーカー間の物流を共同化するニーズが顕在化しており、その役割を3PL事業者が担うケースが出てきている。特に飲食料品の分野では、小売/外食チェーンストアによる自社物流機能の強化により、今までで食品卸が担っていた川下の物流業務(配送センターから各店舗への配送)が3PL事業者に流れた。日本の主要3PL事業者を見ると日系企業が強いプレゼンスを示している。ただし会社によって得意・不得意があるので、パートナーとして3PLを選ぶ際は自社の事業にあっているかどうか実績を精査することが求められる。

 

外資系企業の参入状況

実際に外資系乳製品メーカーの3PL活用の事例を見ると、輸入品に頼る参入初期は卸事業者との取引で十分だが、国内生産、そして大手チェーンストアへの直販を狙う次のフェーズに入ると3PL事業者との提携が必要になってきている。

 

ビジネス環境

主要3PL事業者は、自社の物流ネットワークを日本全国に張り巡らせれており、基本的に大手3PL事業者1社と提携すれば日本全国に商品を流通させることは可能となる。海外については、主要3PL事業者は自社拠点および他社との提携を通じてアジアにネットワークを構築しており、グローバル物流のケイパビリティーを向上させている。また、物流業界の関係者が一同に会するイベントを通して、日本市場の動向把握やパートナー候補とのマッチング機会が提供されている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る