高齢化と事業機会

Pocket

世界的に高齢化が急速に進展しており、高齢者向け市場がますますビジネスへのインパクトを持つようになってきている。日本は世界でも随一の高齢化社会であり、高齢者層の規模、都心部への地理的な集中、購買力の高さ、就業率の高さの各観点から、高齢者向け市場におけるテストマーケットとして注目されている。高齢化に伴い、退職や子どもの独立等、生活環境が変化することで、消費スタイルも大きく変化するが、特に日本においては、高齢者の中でも余裕のある世帯・個人をターゲットとした、シニア向け飲食サービスや、ヘルスサービス・ウェルネス商品などの事業機会が注目を集めている。

 

日本では既に国内外の企業が様々な高齢者向け事業を展開しており、日本での成功を足掛かりとして、世界へと事業を展開した事例もある。また、政府や地方自治体でもこうしたトレンドを踏まえて、事業の拡大に資する支援メニューを様々検討・導入している状況にある。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る