震災復興過程における外国企業の役割

Pocket

過去の日本の震災概要

1995年以降現在まで、マグニチュード6以上の地震が4回発生した。ここ最近では2011年以降においても、大規模な地震が東北と熊本の2箇所で発生し、大きな被害をもたらしている。震災からの復興の過程は、政府による補助金などの資本投入を呼び水とし、復興需要に伴う経済活動が活性化し、県内総生産を回復させ、場合によっては震災以前よりも高くする過程をたどる(東日本大震災の事例)。

 

外国企業と震災復興の係わり

震災からの復興の過程では、主に電力・水・建設などのインフラ系事業の他、保険などのサービス業が復興に係わる中で、外国企業も各社の技術・製品を活かし、被災地の復興に貢献してきた。

 

各被災地おける復興支援の取組・インセンティブ

政府や自治体は補助金拠出や税制優遇など幅広い企業支援を行い、復興を下支えしてきた。兵庫県や福島県は外国企業を含む企業誘致を実施している。特に、兵庫県、福島県においては、国際経済地区や外資系進出企業投資支援事業などを活用し、技術を持った外国企業が日本に進出している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る