震災復興と地域産業の振興

Pocket

2011年に起こった東日本大震災では、東北地方を中心に大きな被害がもたらされた。しかしながら、震災後の復興は素早く進み、経済状況や社会インフラ回復した。また放射線被害についても、各地で除染作業が順調に進んでいる。しかし、被災地における住宅の整備状況は遅れており、今もなお、多くの人が避難生活を余儀なくされている。政府は復興支援のために、横断的な組織として復興庁を設置した。当該機関を中心に、震災後5年間で19兆円の復興予算をあて、復興を推進していく見通しである。政府は「安心・安全」の更なる向上を図っており、これらの復興予算は被害地域における社会・生活インフラの再整備に加えて、防災機能の強化の用途にも費やされている。

 

被災地の各自治体では、震災以前から実施していた企業誘致、産業集積のための取り組みを強化している。また、進出に際しては、税制優遇や補助金などのインセンティブを受けることができる。被害地域には、震災直後からIKEA、Amazonやアクセンチュア等の世界的大企業が進出している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る