診断系医療機器

Pocket

市場概観

日本の医療機器市場は世界2位であり、今後も安定的に推移することが想定される。また、日本の画像診断機器市場は国別で世界2位であり、世界の主要プレイヤーに日系企業が複数名を連ねる等、世界的に存在感を示している日本の画像診断機器市場は、大規模病院を対象とした、大手企業中心の市場であるが、低価格化・IT化の進展により、小規模病院や診療所に対象が拡大することが想定されるこれまでは機器とセットでの販売が前提であったソフトウェアの単体販売が可能になることで、CAD: (Computer-Aided Diagnosis)等の診断システムの市場が拡大することが期待される

 

外資系企業の参入機会

日本に既に参入している外資系企業は、日本の販売代理店と提携することで、販路を効率的に構築している。日本でのマーケット拡大のためには、著名な大学病院や研究機関等との関係構築が重要となる。また営業体制確立のために、代理店、日系メーカー等との連携が有効である。

 

ビジネス環境

医療ニーズの高い機器については、早期導入に向けて承認審査が簡易化・迅速化されている。また税制優遇や補助金等、インセンティブ・支援制度が複数提供されている。また、日本市場の動向把握や提携先候補とのマッチングの機会として有効な、関連事業者が一同に会するイベントが複数開催されている。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る