航空機部品市場

Pocket

日本の航空機部品市場

近年、ボーイング777X、787やMRJの開発・製造需要の増大に伴い市場が活性化している一方で、国内の部品需要に対し、国内サプライヤーによる供給量が不足している。

 

外国企業の参入機会

日本の航空機部品は依然として国外からの輸入比率が高いため、外国企業が市場参入にあたり、営業拠点の設立や、代理店パートナーシップ締結等による製品輸入する例が多くみられる日本国内の航空機部品を販売しているTier2/3企業、商社/販売代理店は、各々特徴ある製品、販路を有している。外国企業は各自の製品特性とマッチした適切なパートナー候補企業を選定、協業することによって、日本の航空機部品市場への事業参入が見込まれる

 

航空機部品市場のビジネス環境

政府は、外国企業が日本に製造、R&Dなどの拠点を設立しやすくなるよう、補助金や税制優遇等の様々なインセンティブを提供しており、政府同様、地方自治体も多くのインセンティブを提供している。進出する際には様々な特例措置、税制・財政・金融上の支援措置が活用可能である航空機産業クラスターが多数設立され、航空機産業の活性化が図られている。国内外の航空機業界の関係者が一同に会するイベントを通して、日本市場の動向把握やパートナー候補とのマッチング機会が提供されている

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る