自動車保険

Pocket

乗用車保有台数では①トヨタ自動車②日産自動車③本田技研工業と続いている。貨物車保有台数では①トヨタ自動車②いすゞ自動車③日産自動車、乗合者では①日野自動車②トヨタ自動車③三菱ふそうトラック・バスとなっている。

 

自動車保険料総額は2017年4月から2018年3月の間における日本市場全体の元受正味保険料総額で、任意自動車保険が4,131,838百万円、自動車損害賠償責任保険が973,213百万円となっている。金融庁の登録免許を有する損害保険会社は、国内企業が30社、外国企業が21社である。

 

自動車整備工場と損害保険会社の提携状況としては、日本において自動車整備工場及び自動車ディーラーは、損害保険会社の代理店として最も高いシェアを持つ業種である。自動車整備工場と自動車ディーラーを合わせて96,578店が保険代理店業務を行っており、これは全保険代理店の51.7%を占める。自動車整備工場や損害保険会社のソフトウェア使用状況では発注書に例として示されていたコグニビジョンは、元々現在の東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険などの損保会社及び、全国共済農業協同組合連合会が株主となって設立された背景があり、全国のディーラーや多くの修理工場、さらには日本の損保会社のほとんどが同社のシステムを活用 している。

 

近年、日本では自動車保険加入者に先端技術活用したサービスを提供する例もある。自動車事故時の保険請求フローは、①請求②損害調査③支払金額の説明④保険金の受け取り、となる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る