自動車におけるIoT活用

Pocket

自動車で活用されるIoTシステム

動車で活用されるIoTは、外部ネットワークとの接続により運転の安全性・利便性の向上を達成する。日本のコネクテッドカー市場は、今後10年間の急成長が見込まれている。

 

IoT活用事例

・先進運転支援システム(ADAS)

日本では今後も高齢者割合が増加し、衝突防止などの運転補助機能へのニーズが高まる見込みである。ブレーキシステムに強みを持つドイツ企業が研究開発施設を拡張した。ADAS技術の開発に重点を置き、低速走行を想定した駐車時衝突緊急ブレーキの実用化に成功している。ADASの核となる赤外線センシングデバイスの関連部品を開発・製造する国内中小企業がパートナー候補として挙げられる。

 

・タイヤ空気圧監視装置(TPMS)

日本におけるロードサービスの出動理由では、タイヤのパンク・バースト・空気圧低下が2位となっており、今後のTPMS普及による抑制効果が期待される。

自動車関連センサ部品の製造・販売を行うオランダ企業が企業買収を通じTPMS事業を開始し、これを契機として日本においても新規開発拠点を設立した。TPMSの核となる圧力センシングデバイスの関連部品を開発・製造する国内中小企業がパートナー候補として挙げられる。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る