空港民営化/市場情報

Pocket

日本における空港の民営化の動向としては、今後、福岡空港、静岡空港、南紀白浜空港、北海道7空港、熊本空港、広島空港が民営化予定。青森空港、秋田空港、富山空港、佐賀空港は現在民営化検討中である。

 

民営化予定の広島空港では、2017年10月に国が基本スキーム案を発表、2021年4月の空港運営事業開始を目指し、現在プロセスが進められている。地元の経済団体や関係自治体で組織され、広島県知事に対し、民営化を求める提言を行っていた「空港活性化部会」は、今後広空港が取り組むべき事項としては

①ネットワークの更なる充実

②空港アクセスの改善

③圏域の拡大

④国内貨物ハブ拠点の活用

⑤空港の賑わい創出

⑥緊急・防災機能

が挙げられている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る