Pocket

日本の法律で定められている代表的な税のうち、特に外国企業の日本法人設立に関連した主要な税としては、法人税、所得税及び消費税がある。いずれの税も、他の先進諸国に比べて低い水準にあり、今後の税制の改革によってさらに引き下がるものもある。現在の法人税率は、先進諸国と比べて高めであるが、法人税改革が進行しており、実効法人税率の大幅な引き下げが予定されている。政府や自治体は外国企業を対象とした法人税の減税に関するインセンティブを用意しており、これらを組み合わせることで実効法人税率20%台も実現可能である。また、税制改正により国際標準に近い課税方法を採用する予定となっている。

 

関税は既に近隣のアジア諸国と比較して低い水準にある。加えて政府は、EPA/FTAの締結を通じて、関税の引き下げ・撤廃を加速している。国際的二重課税の防止や節税インセンティブを防止するための課税制度や主要国との課税条約の締結も整備されている。所得税は、累進課税制度を採用している。日本の所得税の実質的な負担額は、世帯タイプにかかわらず、アメリカやドイツ等の先進国諸国と比べても低い水準にある。現在日本における消費税は8%で、2015年10月度以降は10%になる見通しだが、それでもなお、他の先進国に比べ低い水準にある。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る