特区の取り組み

Pocket

日本は閉鎖的な規制環境が外国企業から批判を浴びることも多い。日本における特区の取り組みは、対象地域を制限してテストベッドとして規制緩和を講じていくものである。これまでにも国際総合戦略特区をはじめとして、様々な特区が設置されてきた。現在、アベノミクスの一環として検討が進められている「国家戦略特区」の構想は既存の事業と比較して一層の規制緩和を図る取組みであり、今後の展開が期待されている。現在、稼働している特区の中でも特に、①東京都によるアジアヘッドクォーター特区と、②関西圏広域に及ぶ関西イノベーション国際戦略総合特区の2つの特区は、外国の資本・人的資本・技術を積極的に活用する意向がある。それらの特区においては、外国企業向けに様々なインセンティブやサポートメニューが整備されている。

 

次年度にかけて本格的に規制緩和に向けた議論が進んでいく、国家戦略特区の取り組みにおいては、主として大都市圏の特区である①東京圏、②関西圏、③福岡市が外国企業誘致に積極的である。また、新潟市・養父市の特区では農業に、沖縄県の特区では観光をフォーカスして、産業集積を加速させている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る