Pocket

市場概観

日本の海洋エネルギー発電は研究開発・実証研究の段階であり、商業市場はまだ成立していない。海洋エネルギー発電の日本の導入目標は世界でも上位に位置し、2020年以降導入の大幅な成長が見込まれている。

 

外資系企業の

「国を挙げた海洋エネルギー発電推進の取組み」、「四方を海に囲まれた地理」、「国内プレーヤー・ノウハウの不足」が日本の海洋エネルギー発電市場の特徴であり、外資系企業にとって参入の追い風でもある海洋エネルギー先進国の欧州諸国の諸機関は、日本の海洋エネルギー開発について、本格的に商用化が実現すると期待している

 

ビジネス環境

風況・自然災害リスク、環境アセスメント期間等の自然環境の課題については、現在NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)が中心となって行っている諸事業により改善が期待される。また、海域先行利用者等の課題については、欧州等で先行事例を持つ外国企業が有益な解決策を持ち込める可能性もある。進出の際には、技術革新に係る実証・補助事業等、公的機関による支援メニューが用意されている。ただし、公的事業への参画は、国内実績や操業年数などの条件により、外国企業単体での参画は難しいため、国内企業との共同参画や合弁会社設立等が必要となる。業界団体、見本市等に関しては、海洋エネルギー発電を始めとする再生可能エネルギー関連のイベントや業界団体は現時点で多くなく、日本市場の動向把握やパートナー候補とのマッチング機会は限られている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る