Pocket

市場概観

日本の洋上風力発電市場は、新興の洋上風力市場の中でも大きく成長しており3年で約2倍の市場規模となっている。2020年以降大幅な成長が見込まれており、先行者利益を得るためには、今が参入のチャンスである。現在稼働中の洋上風力発電所は3か所だが、新技術開発のための実証事業、商業化に向けた大規模プロジェクトが複数実施・予定されている。

 

外資系企業の参入機会

外資系の大手風車メーカーや発電事業者複数社が、日本の洋上風力発電市場の成長を見越し、本格的な参入を表明している。外資系風車メーカーは、技術面で国内の風車メーカーや部品メーカーとの提携が有効、外資系開発事業者は、国内のゼネコン・商社・電力会社等との提携が有効である。

 

ビジネス環境

日本特有の風況・自然災害リスク、環境アセスメント期間、海域先行利用者との調整等、外資系企業が日本に参入する際の課題に対しては、国による支援の枠組みの活用、大学や研究機関等との連携が有効である。進出の際には、税制優遇や補助金、技術革新に係る実証・補助事業等、公的機関による支援メニューが用意されている。また、METI、NEDO、MOE等の公的機関が主導し、複数の企業・研究機関を巻き込んだ新技術開発を進めている。風力発電業界の事業者が一同に会するイベントを通して、日本市場の動向把握やパートナー候補とのマッチング機会が提供されている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る