次世代ヘルスケアサービス市場

Pocket

市場概観

国民の生活の質を向上させるととともに、医療・介護費用の増大を抑制することを目指し、病気になる前から、「一次予防」や「二次予防」を通じて健康を維持すること、また治療の段階においても、個人の特性に合わせて最適化された「治療」により、病気の治癒や進行防止を図ることが求められている。日本政府は、2020年にUS$200Bの規模の次世代ヘルスケアサービス市場を創出することを目標とし、国民の健康増進・医療の高効率化を支える次世代ヘルスケアサービス産業の育成に取り組む方針を示している。今後の日本における次世代ヘルスケアサービス市場は、順調な成長が見込まれる。次世代ヘルスケアサービス市場は以下に分類できる。

  • ICT健康管理サービス:一般消費者向けの市場が大幅に拡大する見込みである。
  • 遠隔健康相談サービス:現状では実証事業レベルのサービスのみが提供されており、事業化はされていないものの、既に外資系企業による積極的な先行投資が見られる。
  • 遺伝子検査サービス:一般消費者向けの疾患リスク診断のシェアが大部分を占めており、今後の更なる拡大が見込まれている。
  • 細胞保管サービス:今後、私的細胞バンクの認知度の高まりや再生医療の進展により、当該市場の拡大が期待されている。

 

外資系企業の参入機会

ICT健康管理サービス市場、遠隔健康相談サービス市場、遺伝子検査サービス市場では、日本の市場の成長を見越し、外資系企業の本格的な参入が見られる。外資系企業がスムーズに日本市場に参入するために、世界標準規格に適合したサービスの構築によるシステム整備コストの低減(ICT健康管理サービス)、在宅医療に積極的に取り組む自治体での事業展開、及び潜在看護師の活用による協力医療従事者の確保(遠隔健康相談サービス)、医療関係者への啓発活動による、遺伝子検査・私的細胞バンクに対する抵抗感の解消(遺伝子検査サービス、細胞バンクサービス)の3点が有効である。

 

ビジネス環境

ICT健康管理サービス、遠隔健康相談サービス、遺伝子検査サービスにおいて、日本の市場へ先行参入している外資系企業は、国内外の企業や医療関係者とパートナーシップを組みビジネスを推進している。世界標準規格に適合したサービスの構築によるシステム整備コストの低減、在宅医療に積極的に取り組む自治体での事業展開/潜在看護師の活用による協力医療従事者の確保、医療機関への啓発活動による遺伝子検査・私的細胞バンクに対する抵抗感の解消は、外資系企業がスムーズに日本市場に参入するために有効である。IT活用による医療連携システム構築、及び被災地における地域医療連携構築システム構築に係る助成が経済産業省、総務省により実施されている。また、遺伝子検査薬等、早期診断に用いられる技術の開発に対する助成が、経済産業省より実施されている。また、日本市場の動向把握や提携先候補とのマッチングの機会として有効な、次世代ヘルスケアサービス関連の事業者が一同に会するイベントが年間を通して開催されている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る