日本の不動産取引慣行

Pocket

外国企業の形態別不動産取引の選択肢としては、オフィス賃貸については、日本に支店もしくは法人として登記する前の駐在員事務所の場合、特に貸事務所の賃貸契約時に留意事項が発生するが、不動産購入については、外国企業であっても日本の法律上は特に制約なく取得が可能である。日本においてオフィスを構えるに際して、賃貸、購入それぞれのメリット及びデメリットを自社の状況と照らし合わせながら検討することが肝要である。

 

日本における賃貸オフィスの形態としては、通常の賃貸オフィス、サービスオフィス、コワーキングオフィスなど、様々なオフィス形態が存在するため、会社の規模やニーズに合わせて選択することが可能である。法人登記がない場合は、サービスオフィス、コワーキングオフィスの選択肢を検討しなければならないため、貸事務所は法人登記が条件となる。「Regus」、「ServeCorp」といったサイトにて日本のサービスオフィス、コワーキングオフィスの概要を知ることができる。貸事務所は日本での法人登記が条件となるため、法人登記がない場合は、サービスオフィス、コワーキングオフィスの選択肢を検討しなければならない。「三鬼商事」、「三幸エステート」といったサイトにて、日本の貸事務所の概要や賃料相場を知ることができる。

 

外国企業が日本でオフィス不動産を取得する場合には、物件情報をリサーチ、内覧・購入準備、購入手続き、購入後の報告という一連の流れに沿った手続きが、必要となる。地下相場に関しては国土交通省や都道府県、(公財)東日本不動産流通機構といったサイトで確認できる。

 

外国企業が入居するオフィスにおいては、言語面や慣習面に起因するトラブルが多く発生している。また、各地方自治体では外国企業誘致のため、外国企業向けのインセンティブとしては、オフィス賃料補助をはじめとして様々なインセンティブを用意している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る