成長戦略、マクロ経済、対日投資環境

Pocket

日本のGDPはリーマンショックで一時期落ち込んでいたものの、中長期的に安定的に推移している。経済成長の要素である国内の「労働力」、「資本」、「生産性」について成長の鈍化を予想する声に対して、政府は「日本再興戦略」と称する強力な対策に乗り出している。労働力においては、少子高齢化により、日本では中長期的に労働力の減少が見込まれている。一方で、女性の活用を促進すべく、政府は女性が働きやすい環境作りを進めており、これまでに十分に活用されてこなかった優秀な女性を雇用しやすくなっている。資本に関しては、民間設備投資の推移も横ばいになっている。中長期的に民間投資の拡大を目指して、政府は対内直接投資の活性化を目指している。生産性に関しては、日本の各企業は研究開発・IT投資を通じた生産性向上に力を入れている。一方で、産業の新陳代謝を促進するため、海外で先行する産業を中心として外国企業の活躍が期待されている。

 

安倍政権では、労働力、資本、生産性それぞれの強化を通じて、GDPの成長スピードを倍増させていくことを目指している。特に、アジア各国と比較して相対的に低位置に留まっている対内直接投資に着目して、日本再興戦略の柱の一つとして対内直接投資の拡大を位置づけている。政府が成長産業として掲げている産業領域では、生産性の向上が国家的な課題ともなっており、有力な外国企業の進出が待望されている。また、労働の観点からは、女性の活用に長けた外国企業の進出が期待されている。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る