後発医薬品

Pocket

市場概観

日本の医薬品市場は世界2位であり、その規模を堅持している。日本の後発医薬品のシェアは40%と先進諸国に比して低いが、2018年の60%達成に向けて政府による使用促進の取組が推進されている。国内売上上位品目のうち、13品目が近年中に特許切れの予定であり、後発医薬品の市場が大きく広がる可能性がある。後発医薬品シェア拡大のために、政府は品質信頼性の確保と情報提供、使用促進のための基盤整備、医療保険制度の改訂、安定供給に係る取り組みを推進している。2019年に向けて、日本市場で売上Top50の医薬品のうち、13品目の特許が切れることが予定されており、後発医薬品発売の可能性が広がる見込みである。

 

外資系企業の参入機会

日本に既に参入している外資系企業は、日本の製薬企業を買収すること、或いは日本の製薬企業と販売提携を結ぶことで、販売網・ブランド力を活用している。また、日本国内には、外資系参入の際に必要な治験及び承認手続きをサポートするCRO/SMO企業が70社以上、製造をサポートするCMO企業が35社以上存在する。信頼性、安定供給体制の担保、薬剤の性状等への抵抗感払拭のための日本企業との提携、手続き負荷の軽減のためのCROの活用は、外資系企業がスムーズに日本市場に参入するために有効である。

 

ビジネス環境

進出の際には、税制優遇や助成金等、及び希少疾病用医薬品に係る助成制度を利用できる。また、信頼性、安定供給体制の担保、薬剤の性状等への抵抗感払拭のための日本企業との提携、手続き負荷の軽減のためのCROの活用は、外資系企業がスムーズに日本市場に参入するために有効である

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る