外資系企業給与

Pocket

日本に拠点を構える中国系、欧州系、米国系の代表的家電メーカー各1社(中国系:レノボ・ジャパン、欧州系:フィリップス・ジャパン、米国系:Apple Japanについて、社員による企業口コミサイト「Vorkers」での給与に関する口コミ情報を収集した。なお対象は、2010年以降の営業系社員のうち年齢もしくは役職が分かるものを抽出した。なお、各企業による公式情報ではないため、実際の数字とは異なる可能性がある。外資系企業における非正規雇用社員の割合は、「外資系企業総覧2016」に収録されている企業のうち、非上場企業に比べ詳細な従業員数の公開を行っている上場企業を抽出しそのうち外資比率が50%以上の企業について直近の有価証券報告書を参照することで確認できる。

 

日本の複数の転職エージェントのHPによると、採用者の年収の25%-35%が一般的な転職エージェントへの手数料とされている(年収1,000万円の社員を採用した場合、転職エージェントへの支払いは250-350万円程度)。日系家電メーカー営業部における年齢層別給与は、企業情報サイト「SPEEDA」にて業種が「総合電機」に分類されている売上上位3社を対象とし、社員による企業口コミサイト「Vorkers」での給与に関する口コミ情報から入手することができる。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る