医療機器(生体機能補助・代行機器)

Pocket

市場概観

日本の医療機器市場は世界2位であり、今後も安定的に推移していくものと予測される。日本政府は医療分野を成長産業の一つと位置付け、技術及びサービスの創出、それらを支える基盤の整備を戦略として掲げており、実現に向けた法制度の整備が進んでいる。日本市場全体では成長は安定化していく中、治療系医療機器は成長が著しくまた規模も大きい。その中でも生体機能補助・代行機器は輸入量が大きく外資系企業にとっては特に有望な産業と考えられる。

 

外資系企業の参入機会

生体機能補助・代行機器の分野で実際に外資系企業の事例を見てみると、国内メーカーやMAH(Marketing Authorization Holder) とパートナーシップを築き、参入フェーズに合わせて柔軟に提携形態を変えていくことで日本事業の拡大に成功している。また参入に際し、「承認手続きが長期化する」、「最初から営業網を全国規模に広げられない」、「十分な製品ラインナップを用意できない」といった課題が考えられるが、いずれも国内企業との提携が解決方法の一つとして有効であると考えられる。

 

ビジネス環境

医療上ニーズの高い機器については、承認審査の簡易化・迅速化が図れる制度を厚労省が実施しており、その他にも税制優遇や補助金等の制度も利用できる。日本市場の動向把握や提携先候補とのマッチングの機会として有効な、関連事業者が一同に会するイベントが複数開催されている。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る