化粧品市場

Pocket

市場概観

日本の化粧品市場は世界第4位で、その半分近くをスキンケア用品が占め、スキンケア用品の中では、アンチエイジング市場が特に成長している。背景として、科学技術による効能が消費者に浸透してきたこと、ターゲットとなる40代以上の人口が増加していること、及び20~30代までターゲットが拡大していることが挙げられるアンチエイジング市場の売上のうち、約14%を外資系企業がしめている。また近年は、素材・製薬等メーカーからの参入が見られる。化粧品会社以外の異分野企業から、本業での技術力を強みとした高付加価値スキンケア商品が発売され、市場に受け入れられるという異分野からの参入もみられる。

 

外資系企業の参入事例

日本に研究開発拠点を設置している外資系化粧品メーカーは、P&Gマックスファクターと日本ロレアルの2社。何れも日本で研究開発した商品を、日本のみならずアジアをはじめとした世界各国で展開している。

 

ビジネス環境

外資系企業が日本に参入する際に課題になることが多い、日本独自の成分規制、パッケージ表示、広告表現への対応には、専用の拠点設置やOEM企業の活用が有効である。また、日本の消費者の厳しい要求に応える商品を開発することにより、日本のみならずアジア市場全体への展開が期待できる

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る