仙台市周辺におけるクラフトビールのマーケティング情報

Pocket

日本では、年代問わず、過去1年間に国産クラフトビールを飲んだことがある人は30%前後である。日本のクラフトビール市場は2013年から2016年までの4年間で、約45%拡大している。仙台市内では人口の多い順に青葉区の291,110人、太白区の228.074人と続く。年齢別の人口分布は壺型となっている。仙台市及び、秋保、仙台うみの杜水族館の観光客数推移は減少傾向にある。仙台市中心部の商業ビル賃貸価格平均単価は2015年から2017年にかけて大きな変化は見られなかった。

 

宮城県でクラフトビールを製造するブリュワリーとしては、仙南シンケンファクトリー、松島ブリューイングカンパニー、鳴子温泉ブルワリーなどが挙げられる。仙台エリアのビール販売量は、微減している。仙台市に立地するビール工場、レストランで活用できる補助金としては、経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対する補助金があり、計画の作成や販路開拓の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けることが可能である。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る