Pocket

世界の人工知能市場は2016年から2030年の間での年平均成長率は36.1%と予想されており、また日本では、2015年から2030年の間での年平均成長率は23.4%と予想され,世界市場、日本市場ともに今後も成長が見込まれる。日本の人工知能市場の産業別割合では、2015年は卸売・小売業での利用が全体の4割近くを占めている。今後は運輸業や製造業などでの利用が進み、2030年には運輸業で35%、卸売・小売業が17%、製造業が14%を占めることが見込まれる。日本の人工知能市場の成長要因として、

  • 絶対的な労働力不足による人工知能活用機会の存在
  • 人工知能を活用できるロボットなどのデバイスを作れる強い製造業
  • 優れた学習データを提供出来る高品質なサービス

が挙げられ、様々な活用例が期待されており、政府や民間企業が取り組みを進めている。

 

主要ベンダーの提供する人工知能サービスは、画像処理、音声認識、自然言語処理、ディープラーニングの4分野に大別でき、また主要ベンダーの人工知能や、自社製品に特化した技術を活用した人工知能に関する製品・サービスは、画像処理、音声認識、自然言語処理、ディープラーニング、ロボティクス、生体認証に分類することができる。現在、日本では大手企業から、ベンチャー企業まで人工知能を用いて音声認識、画像処理、ディープラーニングの分野で製品・サービスを提供している企業が存在している。

 

外資系企業の日本国内への参入も見られるが、人工知能に係るビジネス環境としては、人工知能などの先端的な産業に関して、経済産業省や公益財団法人が補助金、技術革新に係る実証、補助事業などを提供している。産業技術総合開発機構は人工知能を搭載したロボットへの助成金事業を行っており、同分野での人工知能の関連企業の参入チャンスがあると言える。また、人工知能関連の見本市が行われているほか、関連業界団体も存在し、外国企業にとって関連分野の日本企業との協業の機会が数多く存在する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る