交通市場

Pocket

高速バス業界単体での市場規模は、発表されていない。高速バスを含む、乗合・貸切バスを合計したバス事業全体の営業収入は、約1兆4,853億円。高速バス・路線バスを含む事業者数は、年々増加傾向にある。大手高速バス/夜行バス予約サイトWiller Travelより、売上高順に10社を大手高速バス運営会社として抽出している。各社の営業地域は、地域限定で運行する路線が大半となっている。

 

新幹線では、新長距離経路の開設が1件、既存経路の拡張が3件予定。JRにおいては、JR東日本が、既存路線連絡線の新設を予定。民営鉄道では、既存路線連絡線の新設、箱根・渋谷の再開発等を予定している。乗車券の購入方法には、オンライン・オフライン共に様々な方法がある。昨今では、各世代を通じて、インターネット経由での購入が増加している。

 

JRでは、グループ6社全てにおいて、ネット予約サービスを運営している。民間路線では2016年度の鉄道業界売上高上位より、JRを除く3社を抽出する。いずれも、公式ウェブサイト、公式アプリを運営しており、オンライン上で、時刻表の確認、乗車券予約が可能となっている。日本の鉄道駅の情報(駅データ)を配布するサイト「駅データ.jp」では、JR6社を含む、北海道から沖縄まで47都道府県の沿線について、都道府県別、路線別、駅別、駅グループ別のAPIをダウンロード可能となっており、JR東日本とJRバス関東は、期間限定で一般の開発者向けにデータを公開する公募コンテストに参加している。国内旅行代理店企業の売上高トップ10社のうち、9社について、JRとの取引が確認できた。また、全10社について、高速バス運営会社との取引が確認出来た。なお、販売協定、報酬形態、手数料等は、いずれも公表されていなかった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る