ジューススタンド市場

Pocket

日本のジューススタンド市場は、ショッピングセンターや駅ナカへの積極的な出店により、売上高、店舗数ともに急成長した時期もあったが、今後は安定した推移が予想される。ジューススタンド市場が喫茶市場全体に占める割合は、売上高で1.3%、店舗数で2.3%である。ジューススタンドの主要参入プレイヤーとしては、果汁工房果琳を展開する青木商店や、はニーズバーを展開するJR東日本フードビジネスなどが挙げられる。ジューススタンドの世帯当たり年間消費額は327円、平均客単価は430円であり、好まれる理由としては、健康志向や自然志向の高まりや、「素材の味わい」や「鮮度の高さ」にジューススタンドならではの価値が認められていること、一般的な果汁・野菜飲料よりも“味わって”、“贅沢したい時に”飲まれる傾向が強いことが挙げられる。なお、購入頻度についての公知情報は見当たらなかった。日本国内への参入事例としては、台湾系ミルクティスタンドブランドがかず多く見られる。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る