クレジットカード市場

Pocket

日本においてはデビットカードとして、J-Debit、ブランドデビットの2種類が存在する。J-Debitは、金融機関のキャッシュカードを加盟店においてデビットカードとして利用できるようにしているもので、2016年時点において42,200万枚が発行されている。一方のブランドデビットは、クレジットカード会社が発行するデビットカードで、2016年時点で507万枚が発行されている。発行枚数ではJ-Debitがブランドデビットを圧倒的に上回っているが、決済金額ではブランドデビットがJ-Debitを上回っている。ブランドデビットのうち、VISAは2017年4月末に国内発行枚数が500万枚に達した。JCBについては発行枚数についての公知情報が見当たらなかった。MasterCardは日本国内ではデビットカードを発行していない。

 

2017年末における、クレジットカードの総契約件数(=発行枚数)は25,088万件となっている。VISA、MasterCard、JCB、American Expressの各社とも、クレジットカード発行枚数についての公知情報が見当たらなかったが、会員数ベースではVISAが3,764万人(2018年3月時点)、JCBが9,292万人(2017年)となっている。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る