オリンピックと再開発

Pocket

2020年夏季オリンピック・パラリンピック大会の招致により、東京への注目が世界的に高まっている。波及効果を含めた経済効果は合計で3兆円にも及ぶものと推計されており、様々な産業においてオリンピックを契機とした需要が期待できる。大会を通じては、組織委員会の予算に加えて、民間部門の投資も直接的な経済効果として見込める。具体的には、大会施設そのものや設備、交通機関などに対する事前の投資に加え、大会開催時には通信やセキュリティ等に大規模な支出が発生する。これらの直接的な経済効果に加えて、政府によるイノベーション促進、オリンピック・パラリンピックファミリーや観光客による需要、一般家計によるテレビ等の関連需要や大会開催後の観光やスポーツ関連での中長期的な需要など様々な派生需要が期待できる。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る