ウェルスマネジメント2

Pocket

国籍別在日外国人駐在員数の上位国としては、中国、韓国、場となるなどが挙げられる。なお、駐在員を、一時的に日本に滞在し、各分野においてプロフェッショナルとして労働を行う者と定義し、研修、家族滞在、留学、短期滞在、技能実習、永住者、日本人の配偶者、永住者の配偶者、定住者のいずれかに該当する資格者は除外した。ヒアリング調査を実施した結果、日本国内の金融商品仲介業者が外国人向けのサービスを提供しているかどうかは、所属する金融商品取引業者によるとのことであった。

 

また、大手の金融商品取引業者は、外国人向けのサービスを提供している金融機関が多いため、実質、金融商品仲介業者は外国人向けのサービスを提供している企業が多い。各社ともに、口座開設には、マイナンバーカード、在留カード、住民票等が必要となる。東京商工リサーチのデータベースにて「金融商品仲介業者」に分類され、外国人向けサービスに対応している金融商品仲介業者としては、ライブスター証券、アクサ・インベストメント・マネージャーズなどが挙げられる。

野村證券、大和証券、みずほ証券、三菱UFJ証券、SMBC日興証券、SBI証券、マネックス証券、楽天証券の各社ホームページを調査

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る